ぺったらぽったら

ぺったらぽったらとは

ぺったらぽったら

秘伝のたれの匂いにそそられて口に運べば、外はカリッと香ばしく、中はもちもちの新食感。
安芸の宮島の新名物「ぺったらぽったら」は広島県で育ったもち米・うるち米に
瀬戸内で育った「かき」を乗せたものと中に天然の「あなご」を入れたものの二種類が
あります。
いずれも無添加・手づくりにこだわって、素材そのものの美味しさをとじ込めました。
そのユニークな食感と心に残る味、潮の香りのハーモニーをお楽しみください。
ぺったらぽったら

ぺったらぽったら

波おだやかな瀬戸内海でゆっくりと育まれた海の幸…。
ひと粒ひと粒、選び抜かれた広島かきを
磯の香り豊かな風味もそのまま乗せました。
秘伝の醤油たれを塗って、炭火で香ばしく焼き上げた
「ぺったらぽったら」
どこか懐かしくて、でも新しい味。
思わず笑顔がほころびます。

ぺったらぽったら
ぺったらぽったら

ぺったらぽったら 古くは室町時代の終わりに養殖がはじまったと言われる広島のかき。波穏やかな広島湾の豊かな栄養分に恵まれた風光明媚な海で、ぷっくり乳白色の、ミネラルも豊富なおいしいかきが育ちます。


ぺったらぽったら

ぺったらぽったら

重なり合う島影の間を潮が洗う、
瀬戸内海で育ったあなごはふっくら艶やか。
天然ものにこだわったあなごの口にひろがる旨味を
そのまま中に入れました。
秘伝の醤油たれを塗って、炭火で香ばしく焼き上げた
「ぺったらぽったら」
どこか懐かしくて、でも新しい味。
思わずほっぺが喜びます。

ぺったらぽったら
ぺったらぽったら

ぺったらぽったら 潮流がはやい瀬戸内海の磯場で育ったあなごは、身が引き締まり、ほどよく脂がのって上品な旨味にあふれています。その厳選されたあなごの妙味を逃がさないよう、香ばしく焼き上げました。

このページのトップへ